自賠責の自動車保険に加入する意味

加入が義務付けられている保険です

保険にも多くの種類がありますが、自動車やバイクを運転する人はもしもに備えて自動車保険に加入しておくと安心です。
安全運転を心掛けることはもちろん大事ですが、一瞬の油断が事故につながることもありますし、自分に過失がなくても他のドライバーの事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。
自動車保険では自賠責保険と任意保険があり、どちらにも加入しているという人も多くなっています。任意保険は加入していなくても特に罰則はありませんが、自賠責保険は強制加入ですので、加入していないと公道を運転することはできませんし、事故を起こさなくても罰則があります。
なぜ、自賠責に加入する必要があるのかも知っておきたいですが、これは事故の被害者の救済のための保険となっています。

人に対しての保険です

自賠責保険は交通事故の被害者の最低限の補償を目的とした保険です。事故の被害にあっても、加害者に賠償能力がない場合は、十分な補償が受けられない可能性もありますが、こうした保険があることで、被害者は最低限の補償を受けることができます。
その限度額は被害者が亡くなった場合は3000万円まで、傷害は120万円まで、後遺障害は75万円から3000万円までとなっています。
あくまで人に対しての保険ですので、事故により相手の車が壊れた、物が壊れたなどの場合は対応することはできません。さらに運転者本人の怪我にも対応した保険ではないということは理解しておきましょう。
時には自賠責保険だけでは対応できない場合もありますが、そうした際に備えて任意保険でカバーしている人も多くなっています。

© Copyright Vehicles Liability Insurance. All Rights Reserved.