任意の自動車保険の仕組み

任意保険と強制保険その意味

自動車保険には任意で加入する自動車保険と、自動車を使用するなら、強制的に加入しなければならない自賠責保険があります。自賠責保険は加入が義務付けられています。そして任意の自動車保険の役割は、自賠責保険補償範囲の対象外の部分を補償する保険です。任意の自動車保険は、自分が万が一交通事故を起こして、相手を死亡させたり重い後遺症が残ったりした時、発生するかも知れない、高額な賠償金等に対して備える保険です。高額な賠償金が用意出来無い事で、自分の人生を棒に振る事も有ります。更には用意出来無い事によって被害者の人生も狂わしてしまいます。任意の自動車保険への加入は、強制では無く本人の自由意思です。しかし自動車を使用するなら使用目的に合った、任意の自動車保険への加入を考えましょう。

任意の自動車保険3つの仕組み

任意の自動車保険を大きく3つに分けると、補償内容が賠償責任保険と傷害保険そして車両保険です。1つ目の賠償責任保険は賠償の相手が人や物で、交通事故で相手にケガをさせてしまったり、相手の車を壊した時に保険金が支払われます。補償内容の仕組みとしては対人賠償保険と対物賠償保険で支払われます。2つ目の傷害保険は交通事故を起こした時の、自分と同乗者に対する補償です。事故による入院代や通院代、死亡した場合に支払われます。補償内容の仕組みは搭乗者傷害保険や自損事故保険、無保険車傷害保険や人身傷害補償保険によって支払われます。最後は車両保険です。車両保険は自分が交通事故で、自分の自動車が壊れた時に、修理代が支払われる保険です。

© Copyright Vehicles Liability Insurance. All Rights Reserved.