自賠責の自動車保険の中身

後遺障害や死亡時の自賠責保険の補償額

自動車を保有するときだけでなく原付バイクを保有するときにも自賠責保険に加入しなければいけません。保険の中には自分で加入をするかどうかを決められるものもありますが、自賠責保険は条件に該当した人は必ず加入しなければならない保険になります。ではどんな時に使えるかですが、交通事故の相手に損害賠償が必要な時に補償してもらえます。相手が亡くなったときには3千万円が支払われ、後遺障害が残ったときには上限4千万円までが支払われます。後遺障害には一定の級が決められていて、常時介護を要する状態だと第1級になって上限の4千万の支払いになります。随時介護なら第2級で3千万円の支払いになり、それ以降第14級の75万円まで決められています。

相手にけがをさせた時の自賠責保険

バイクや自動車に乗るときは常に安全運転をしないといけません。安全に運転をしていてもいろいろなトラブルに巻き込まれる可能性があり、信号などを守っていても一定の過失割合が設定されるときがあります。相手に損害賠償しないといけないときもあるので注意が必要です。バイクや自動車を保有していると必ず入らないといけない自賠責保険がありますが、相手にけがをさせた時にはどんな補償をしてもらえるかです。まず上限として120万円までを支払ってもらえます。まずは病院での治療にかかる費用が該当するでしょう。それ以外に休業損害と慰謝料があります。全てを含めての上限が120万円になるので、休業損害や慰謝料が多いと別途支払いが必要になるかもしれません。

© Copyright Vehicles Liability Insurance. All Rights Reserved.