任意の自動車保険に加入するメリット

任意の自動車保険は高額の対人損害賠償に対応してくれる

自動車を保有するとき、自賠責保険に加入して万が一に備えなければいけません。自賠責保険では対人損害賠償として一定額の補償をしてくれます。相手が亡くなったときや後遺障害が残ったとき、その他けがなどでも一定額までは支払ってくれます。相手が亡くなったときは3千万円も払ってもらえるので、人によっては十分と考えるかもしれません。しかし実際に請求される額が3千万円以上になるケースもあり、数千万円から1億を大きく超える時もあります。3千万円を超える損害賠償は自分で行わなければならず、それだけの資産が無ければ払えません。任意の自動車保険では対人損害賠償に無制限で加入できます。損害を受けた相手にきちんと損害賠償を行えます。

任意の自動車保険は自分や搭乗者の万が一に備えられる

自動車やバイクを保有するときは必ず自賠責保険に入らなくてはいけません。任意保険はそれぞれの任意になるので、入っても入らなくても構いません。では自賠責保険でどこまで対応してくれるかですが、対人損害賠償にしか対応してくれません。となると自分自身や搭乗者にトラブルがあっても、それに対する補償は一切してもらえません。そこで加入を考えたいのが任意の自動車保険です。自賠責の上乗せの意味合いがありますが、それ以外に自分自身や搭乗者に損害が起きた時にも補償が受けられます。搭乗者がけがをしたり亡くなったりしたときにも受けられますし、自分自身がけがをしたときや自動車に損害が生じた時にも給付が受けられます。自動車トラブルでの幅広い損害に対応できます。

© Copyright Vehicles Liability Insurance. All Rights Reserved.